文字の溜まり場

基本的にはゲームのプレイ記事を綴る。
このゲームの記事読みたいとかあれば 極力頑張って応えるつもり。

自由への招待


こんちやす。
だんだん暑くなってきて嫌だね。


それよりも嫌なのは部屋の湿度の高さ。
不快指数も高まってやばばー。


いやしかしあれだな。
ラタトスク放棄してロックマンエグゼ3
始めるってもう意味わかんないね!


懐かしさって強いね!


けどほんとちゃんとラタトスクも
やっていくんで。堪忍してくださいね。


「堪忍&堪忍!」


ということで今回の内容も
ロックマンエグゼ3でお送りします。


【前回までのあらすじ】
バブルウォッシュの取り付けを手伝いに
メイルの家に行った熱斗だったが
メイルとまりこ先生がバブルウォッシュから
発生した泡に閉じ込められてしまった。
偶然出会った金髪のおじさんの協力もあって
無事に2人を助け出すことに成功。
事件は解決したのでした。



よし、はじまるよ!
メイル デカオ やいと 3人に
暇かどうか聞きに行くところから。
ロックマン「熱斗くん!プラグインして!」
えっ絶対直接家訪ねた方が早いんだけど。
直接行ってみたら鍵かかってて入れなかった。
仕方がないのでちゃんと
3人のホームページに向かう。
ロールとグライドはホームページに居たが
ガッツマンだけいない。
どうやらガッツマンはよかよかエリアで
行われている我慢大会に出ているらしい。
何してんのお前。
ちなみにメイルもやいとも暇じゃないって。
デカオは暇そうだよね。


よかよかエリアでガッツマンと会話。
やはり特に予定がないようなので
2人でテレビ収録だか何かをしている
ビーチスクエアに向かうことに。


そこでN1グランプリのサポーターの暴動に
巻き込まれたりしながら過ごしてプラグアウト。


その後はママにパシられる。
パパにディスクを届けてほしいんだとさ。
快諾してパパのもとへ。
しかしパパはオフィシャルとの合同会議で
会えなかったのでモブ科学者に
渡してもらえるようにお願いして帰る。


その帰りに会議終わりのパパとばったり。
隣には伊集院炎山も。ここで軽く説明。


・オフィシャル
続出するネット犯罪を取り締まる組織。
ネット警察みたいなもの。


・伊集院炎山(いじゅういん えんざん)
熱斗と同い年の小学生でありながら
オフィシャルのエースネットバトラー。
熱斗のちゃんとしたライバル。
半分に割れた卵の殻を被ったような
髪の配色をしている。


・ブルース
伊集院炎山のナビ。ロックマンのライバル。
片腕がソードになっている。かっこいい。
全体的に赤いカラーに黒いV字のバイザー(?)と
長い白髪の後ろ髪が特徴。かっこいい。


説明終わって続き。
明日N1グランプリに出場することを話したら
パパが「PETケース」をくれました。


パパ「これにPETをいれておけば、ゾウが踏んでも壊れないぞ!」


それどういう素材でできとんの?(ФωФ)


もっといいものほしかったよパパス…何て思いつつ
ついでにいろんな人の依頼を消化して帰って眠る。



シナリオは今回ここまでで
ここからはバトル画面とナビカスの説明。


まずはバトル画面から。

戦闘に入ると画面右側に敵が配置され
こちらはバトルチップ選択画面に入ります。
1度にチップを選べるのは5枚まで。
OKの下にあるADDを押すと
選んだチップを捨てて選んだ枚数分
次の選択画面で表示されるチップが増える。
画像で説明すると現在7枚(本来は5枚)
オープンされているが3枚選んで
ADDして次に選択画面を開くと
捨てた分の3枚がプラスされて
10枚一気にオープンされるようになる。
まあADDしてから次開くまで
チップなしで戦わないといけないけど。


次がフィールドとかの説明。

左側の赤い9マスが自分の陣地で
右側の青い9マスが相手の陣地。
チップによって攻撃範囲は違うし
相手によっては前後左右に移動もするから
考えて使っていかなければならない。
またチップによって相手のエリアを
自分のエリアにすることも可能。


今はパネルは普通の状態だけど
状況によっては ヒビ 穴 草むら マグマ 氷 砂
といったいろいろな状態があって
そのパネルの上に立つとそれぞれ効果が現れる。
ここでは説明しませんが。


あとは左上の数字がロックマンのHP。
敵の頭上にある数字は敵のHP。
ロックマンの頭上に出ているのは
選んだチップ。アイコンで表示される。
左下は次のチップ名と威力。
画面中央上部のゲージはカスタムゲージといって
このゲージが溜まると再びチップ選択画面に
移行してチップを選択できる。


基本的にはチップ選ぶ→
ゲージが溜まるまで選んだチップを駆使して戦う→
ゲージが溜まったら再び開いて選ぶ→
以下繰り返し。これがバトルの流れっす。



次はナビカスの説明。

これがナビカスの画面。4×4の16マス。
下から2段目には2本のラインが入ってます。
ここにいろいろな形をしたプログラムパーツを
セットしていくことでカスタマイズできる。

こんな感じ。ただしセットするにも適当ではダメ。
ちゃんとめんどくさい制約がいくつかある。

まずプログラムパーツには2種類ある。
白いパーツの上にある黄色とピンクのパーツに
模様が入っているのがわかるかな。
この模様が入っているパーツは
先ほど書いたラインの上に置いてはいけない。
逆に模様のないパーツはラインの上に1マスでも
かかっていないといけない。
さらに同じ色のパーツが隣接してはいけない。

そのルールを守って組み込むとこんな感じになる。
ちゃんと白と白が離れているね。
このルールを破ったまま完了すると
様々なバグがロックマンに発生します。
まあそれを押さえつけるコードや
パーツもあるんだけど
あんまりもう詳しくは覚えてない。
これでも自分ではよく覚えてたなって
感心してるくらい。俺は俺を誉めていい。


俺「ぐっじょぶ!」d(´∀`)b



とりあえず今はこんなもんでいいかな。
画像撮れないかと思ったけど
ズームして撮れば存外問題なかった。


ということで以上になります。
次回はN1グランプリ始まります。
しかしその前に全然関係ない記事を
上げそうな予感がしているッ!


ではまた!


追伸:あー湿度高えなあ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。