文字の溜まり場

基本的にはゲームのプレイ記事を綴る。
このゲームの記事読みたいとかあれば 極力頑張って応えるつもり。

無骨と反骨

うおおおおおおっっ!!

(訳:湿度が高くて嫌になるね!)


どうもどうも!

お久しぶりですね!

だけどそんなことは一切気にせず

約2カ月ぶりにラタトスク更新します。


【前回までのあらすじ】


・リーガルさんは貴族

・テネブラエ大爆発

・だから俺じゃないとダメなんだ!


ということで本編開始です。


エミルを庇って大爆発して傷付いたテネブラエは

回復のために闇の神殿でコア化しているそうなので

回収しに闇の神殿へ向かいます。

今回は今までになくラタトスクモードが続いていて

しばらくエミル(赤)です。


闇の神殿は前作より仕掛けが楽なのて

さくさく進みます。

ちっちゃいシャドウの誘導とか勘弁ですわ。


ちなみにここでラミアという敵が出てきますが

こいつの落とすラミアの尻尾が

後でスタデッドブーツ4足分と

マルタのプリティリボンに必要になるので

確保しておきたいかもしれない。


話を戻してシナリオ。最深部まで進むとイベント。


テネブラエを回収しようとするリヒターに遭遇。

エミル(赤)殺る気満々です。



【BOSS】リヒター


イベント戦闘で時間経過かこちらの全滅で

戦闘が終わって話が進む。

挑発から開幕秘奥義をお見舞いされたが

気にしない許さない。えっ。



戦闘後つづけてイベント。

唐突にエミルが剣を逆手に持って構えて

剣が光を放ち始めたかと思ったら

えっなんですかその技!いきなり撃つなよ!w

そして無事なリヒター。

えっもう1発撃てるの?

主人公の言う台詞か。



2発目のアイン・ソフ・アウル。意味は無限の光。



(;´゚д゚`)!?



俺「なん、だと…?」



まさかの上乗せして跳ね返し。

リヒターも突然のエターナル・リカーランス。



マルタがアイン・ソフ・アウルに

エターナル・リカーランスを上乗せした攻撃から

エミルを庇う。え、それ死なない?



唐突に繰り広げられた展開の後

衝撃で吹き飛んで仲間とはぐれてしまったが

マルタと合流。応急処置で済む程度の怪我でした。


エミル「すまない。お前に怪我させちまうとは」

マルタ「それは大丈夫だけどエミルどうしたの?しいなも言ってたけど、ラタトスクモードが長い…」

エミル「……お前もそんな風に言うのか」

エミル「しいなもリヒターもいつもの俺に戻れっていう。お前もだ!」

マルタ「私は別に…」



エミル「お前…俺にラタトスクの騎士として自分を守ってほしいと言った。俺はその通りにしている!何が気に入らないんだ!」


マルタ「私はそんなつもりじゃ…」



倒れるエミル(赤)。

そして意識を取り戻したエミル(緑)。

しかしどうやらエミルはさっきまでのことを

よく覚えていないような感じ。


エミル「テネブラエ奪われなかった!?」(要約)

しいな「あんたが持ってるんだろ」

エミル「そうだっけ?」


エミル「リヒターさんは生きてるんですか!?」

しいな「生きてるっぽいよ!」(要約)

エミル「よかった…」

しいな「ラタトスクモードと普段のあんたは正反対だねぇ」


さらに不思議なことが。

いつものようにマルタがコアをかざしても

テネブラエが目覚めない。

が、なんということでしょう。

エミルが触れようとした瞬間テネブラエが復活。

何かの伏線でしょうか。

何はともあれテネブラエが復活して

賑やかになった。やっぱテネブラエがいないとね!


入口でリーガルさんと合流。

グラキエスのコアを誰が買い付けたのか

情報を入手してきてくれました。


その買い主はまさかのセレス。

テセアラの神子ゼロスの妹です。


とりあえずゼロスの屋敷に行くことに

なったところで闇の神殿はおしまい。


今回はいろいろ見所があって楽しかったです。

特に急展開なアインとリカーランス。ネタかと。

あとはエミルですかね。赤も緑も。

気になる点が増えて参りました。

ちょっと赤エミル可哀想だったねw



次回でちょろっとダンジョン行ったら

5章も終わりそうかなーって感じです。

3Kデクスがまた出てきます。


ということで久しぶりに頑張りました。


おしまい!


追伸:次回の更新は未定です☆

必殺!小枝乱舞!!

梅雨入りしてしまったね!


「雨が、雨が俺の心を打ち付ける…ッ!」


では早速今回の記事。

ラタトスクはしばらく時間ないから

更新できない。ので、番外編。


前回のラタトスクの記事で闘技場が出てきたので

前作シンフォニアの闘技場シングル上級について

今回は書いていこうと思います。

案外躓く人もいると思われるが

装備さえ整えればクリアするだけなら

なんとかなるようになる。


それでは始まっていきます!


シングル上級はアイテムなしで5回連戦しますが

戦闘後の料理での回復は可能なので活用。

また戦闘開始数秒間だけは装備の変更が可能なので

その都度敵の攻撃属性を無効化できるように

装備を変更して戦うととても楽。


しかし今回はあくまでも番外編。

全員は書きません。書いた方が良ければ書くけど。

とりあえず大変な ジーニアス を攻略。


では ステータス から。

レベルがそれなりにあるけどもう少し低くても

多分ですけど大丈夫です。多分。

装備は1戦目を想定してあります。

武器も防具も何でもいい。

あればスタークローク、ベレット、ブレスで

火属性を無効にしておくといいね。一応。

それとEXスキル。

ここはちゃんとした方がいい。

ランダマイザーかコンセントレートで

複合EXスキルを組む人が多いと

勝手に思っていますが

僕はリダクションとスペルボルテージでいきます。


スキル説明。

・キープスペル

詠唱を中断された場合、詠唱していた術に限り

途中から詠唱開始できる。詠唱時間5秒の術が

あと1秒のところで邪魔されても

続けてもう1度唱えれば残りの1秒で発動する。

・スピードスペル

詠唱時間がほんのちょっと短くなる。

・ダッシュ

戦闘中の移動速度が上がる。

・リズム

詠唱中にボタン連打で詠唱時間が短くなる。

闘技場シングル上級攻略の要。

・リダクション

同じ術を唱えると消費TPが軽減される。

・スペルボルテージ

最後に使用した術と同じ術を唱えると

詠唱時間が短縮される。


準備は以上。それでは作戦の説明。


作戦はただひとつ。




詠唱を始めたらひたすらボタンを連打。

邪魔されても同じ術を再び詠唱しボタンを連打。




ただこれだけです。とてもシンプルだね!

というか他に手段が浮かばない。

何はともあれ攻略の方を始めていきます。



1戦目。竜と人間。

いきなり鬼門。1対2。竜の方から倒す。

横槍が酷いので下手をすると耐えきれずに

やられてしまうかもしれないので

ブラックオニキスでHPを30%増やしてある。

ここではとにかく氷属性のアブソリュートを

ひたすら詠唱する。竜が氷に弱いから。

アブソリュート2発で仕留めたら

あとは人間をひたすらケンダマで殴ります。

これで1戦目は突破。

ここさえ越えれば最終戦までは余裕です。

だいぶHPを消耗したので必ず料理で回復。



えっ。どうしたジーニアス。

予想外の料理の失敗でほとんど

回復できなかったが仕方がない。次へ。


2戦目。大きい亀。水属性。

これ画像2回目にやったときに撮ったから

少しHPが減っちゃってるけど気にしないでね!

装備をブラックオニキスからアクアマントに変更。

水属性を半減した状態でまた

殴られながらもひたすら詠唱。

今度はインディグネイション。2発くらい。

料理でしっかり回復して次へ。


3戦目。飛竜。雷属性。弱点は氷。

装備はホーリィシンボルとメンタルシンボルに。

ボタン連打もしないしゆっくり詠唱できるから

ミスティシンボルもいらない。

メンタルをサンダーマントに変えて

雷を半減するのもありかと思います。

まずは常に飛んでいる敵の真下へ。

潜り込めればもう余裕。

勝手に画面端まで移動するから

あとはもうスパークウェブ以外は当たらない。

スパークウェブも威力しょぼいので

オーバーリミッツのために食らうといい。

ただしジーニアスの移動速度では

もしかするとタイミングが難しいかも。

ブレス直撃したら多分死ねます。気を付けて。

飛んでいるせいで一部の術は当たらないけど

好きな術で倒そう。俺はひたすらグレイブした。


4戦目。氷のやつ。氷属性。弱点は炎と雷。

敵の移動速度が鬼遅いので余裕でエクスプロード。

こちら側に吹っ飛んでダウンするので

反対側へダッシュで逃げて

もう1度エクスプロード。楽勝。

ただし氷の礫×4発はそこそこの射程で

威力もあるので警戒。念のためアクアマント装備。


5戦目。最終戦。山場です。

壁際に追い詰められたらほぼ詰み。

しかしゼロ距離で詰められなければ

詠唱から術発動のチャンスはある。運次第。

装備はミスティとホーリィシンボル。

他のキャラであれば壁際で飛んだら

くぐったりもできるのだが

ジーニアスでやるのは少し危険な気もするので

くぐらずに詠唱を続ける。猛連打。

そしてエクスプロード。これが最大の過ち。

しっかり仰け反って吹き飛んでくれた。



こ ち ら 側 に 。



そりゃそうだ。

基本的に敵の図体とリーチが長いので

ゼロ距離で詰められることはあまりない。

(そこまで詰めなくても攻撃が届くから)

なのにエクスプロードで自ら詰めさせてしまった。

まさかここまで来てやられてしまうとは…。

諦めるしかないのだろうか…。



「諦めんなよ!諦めんなよお前!どうしてそこでやめるんだお前!ダメダメダメそこで諦めたら!!」



「いいや!僕は諦めない!!」



「リトライだ!!」



リトライです。

今度はちょうどオーバーリミッツが発動したので

秘奥義を1発かましておきまふ。

そのあとはまたとにかく連打。

インディグネイションを撃っていきます。

発生が遅いので注意。

しかしエフェクトが綺麗だ。

5戦目はほんと運が絡みがちなので頑張ろう。



ということで撃破。

ひたすらボタンを連打していました。

ジーニアスでもクリアできないことはないけど

結構大変でしたねー。

これで番外編は終わりになります。


だいぶしっかり書きましたww



まあ番外編やってないでラタトスクか

ロックマンやれよって話ですがwwww


追伸:ラタトスク頑張ります。

洗濯槽大爆発

よ。ニボシは好きか?僕は嫌いです。


いつぶりのラタトスク更新なのか

さっぱりだがすかさず ラタトスク 始めます。


【前回のあらすじな要点】

・アリスイベント

・3Kデクス(公害)

・メロメロコウ



ここから物語は5章。

タイトルは「真実の仮面、偽りの素顔」です。

とりあえずアクセサリー屋はメルトキオに

グラキエスのコアを売りに来ちゃってるんで

道具屋を覗いてみる。

その道具屋からトクナガが出てきてどっか行った。

トクナガはゼロスの妹セレスの執事。


改めて道具屋に話を聞いてみると

もうグラキエスのコアは買われてしまったらしい。

しかし顧客情報は話せないということで

誰に買われたのか突き止められない。


そこでリーガルさんの提案で

陛下に会いに行くことに。

メルトキオはまだ世界が2つに分かれていた頃

繁栄世界テセアラの都であり国王がいる。

公爵の位も持つリーガルさん曰く

おそらく買い手は貴族で

貴族なら宝石など高価なものを買ったなら

周りに見せたりするから貴族たちに話を聞けば

わかるかもしれないんだって。

それに関する話を聞いてみようということ。


城の前でアリスちゃん登場。

そのままボス戦。戦うのはアリスのペットですが。

大して強くもないので以下省略!


撃破後アリスのペットがエミルを

がっちりホールドして自爆モードに移行。

このままだとヤビィ。

テネブラエが何か考えたあと「私が!」と

魔物を操ってエミルを離させ

テネブラエはそのまま魔物を連れて上空の方へ。



そして大爆発。盛大に爆発しました。


跡形もないじゃないか!

キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!

あれっマルタの額から出てきたのに

エミルの額に戻るんですか?いいのそれ?

赤エミル登場。かっこいいです。


エミルに入ったセンチュリオンの話によると

テネブラエは傷を癒すためにコアとなって

闇の神殿に戻ったらしいのでそこへ迎えに行く。

リーガルさんはグラキエスのコアについて

陛下に話しておかなければということで

パーティーから離脱。後から来るらしい。残念。


とりあえず今回のシナリオ進行はここまで。

次回の闇の神殿はイベント盛りだくさんなので

ちゃんと分けないとあかんのです。


ということでここからはおまけ。

しいな「赤エミルは漢だねえ…w」(要約)


ついでに5章に入って装備を強化しました。

HPは下がるものの物理攻撃上昇3と

クリティカル2がついている。強すぎ。

そしてもうひとつ。

クリティカル2と物理防御上昇2がついていて

装備自体の防御力は低いけれども

物理防御上昇2のおかげで全然防御力ありあり。

その上クリティカル2まである。強すぎ。


これで残すは腕装備だけだな。

最強の腕装備は最速でも5章なので

もう少ししたら手に入れられます。


こんなところかな。

あとメルトキオには闘技場があるので

少し遊んできました。シングルだけ。

戦闘狂の俺は闘技場が大好きで仕方ないです。


そんなわけで終わりになります。


追伸:ようやく更新できましたね!